ないものはない!お買い物なら楽天市場
じつは、インターネットビギナーでも、わずか2ヶ月目から月収5万円を稼ぐことができるアフィリエイトノウハウがあるのです。


産後ダイエット
完全マニュアル

2,980円
産後体重が戻らないだけでなく、お腹がぽっこり出てからというもの、育児疲れでダイエット雑誌・テレビ番組の鬼と化すも全く効果なし。
しかし、忘れかけていたある方法で彼女は肉体的にも精神的にも救われ、その後の生活が大きく好転開始!
妻の体重・スタイルだけでなく内面まで変えてしまった この究極の産後ダイエットをついに一挙公開します!!
これまでの体脂肪計では出来なかった、妊婦さんの体脂肪測定。
「母子管理系ママみって」は、それを実現。本器により妊娠されている方も体脂肪が測定可能となりました。
よりよいお産のために体重、体脂肪をしっかり管理、サポート。
産後のダイエットをしっかりサポート。
(データは最大5年分記録)
生まれた赤ちゃんの発育は発育曲線グラフ上で確認・記録できます。
(データは最大6年分記録)
出産育児事典、アニメーションによるエクササイズ機能も満載。
ダイエットクッキーは、一緒に摂る 『 水選び 』 こそがダイエットに成功する秘訣!
おから本舗のダイエット豆乳おからクッキーで、ダイエットを成功させために必要な水は、今大人気のスリムウォーター 『 コントレックス 』 をオススメ! 『 コントレックス 』 は、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルを多く含む『硬水』なんです。

産後 ダイエット の注意点

産後は健康的にダイエット

産後は無理をして動きすぎたり、重い物を持ったり、足を踏ん張るような姿勢をしたりすると骨盤に負担をかけることになりますのでまずは無理をしないで産後の体の回復を最優先するようにしましょう。

産後は横座り、足を組むことは避け、姿勢を正して座る様にし、座るときにお尻のお肉をなるべく手で中央に寄せるようにして座るようにするといいです。

元々筋力のある人、基礎代謝の高い人、お母さんの年齢が若いなどは特に努力をしなくても自然に元の体重に戻るという場合も多いです。

でもそんな人でも体重は元に戻ったのに体型が戻らない、という人も多いようです。

実はそういう場合は体脂肪率を計ると妊娠前より体脂肪率が増えた方が多数みられるようです。

産後何の努力もしていないのに、体重が元に戻ったという方も安心してはいけません。

妊娠前と体重は変わらないのに体脂肪率が高くなっていた!
ということもありますので出来ることなら妊娠中から適度な運動を心がけ、筋力や基礎代謝の低下を防ぐよう、心がけましょう。

ただし出産後体が元に戻ろうとする1ケ月くらいの時期を産褥期といってかなりの体力を消耗しているお母さんには休養が必要ですので無理は禁物です。

本格的な運動をするのは産後2ケ月くらいからにしてください。

また帝王切開の方は担当医と十分に相談してからにしてください。

出産後「早く元の体重に戻さなきゃ!」というあせるのはかえってよくありません。

無理なダイエットは体調を崩し、太りやすく痩せにくい体を作ってしまいます。

お母さんが倒れては赤ちゃんも悲しみますよ。

まず栄養バランスの良い食事をしっかり摂り、エクササイズを日常生活に溶け込ませ、筋力の回復を目指すと同時にお産で開いてしまった骨盤を締める努力をしてみましょ。う

産後は何かとストレスが掛かるものです。

でも可愛い赤ちゃんの為、産後ダイエット産後太りを解消しましょう。

産後ダイエットは焦らず、あわてずがとても大切ですので余裕を持って取り組みましょう。

トップページにもどる


引用元  http://1boxer.jp/childbirth.html
 

産後 ダイエット の注意点

産後 ダイエットの注意点 体調管理

産後ダイエットを行う前に注意しなければならないのは、産後の体調管理です。

産後のお母さんの身体は、妊娠中の運動不足により衰えてしまった筋肉を回復させ、落ちている基礎代謝を戻すことと、お産で緩んでいる骨盤を体をいたわりながら回復させていくことがとても大切になります。

骨盤が緩んでいるままの状態でいると内蔵が骨盤の中に入り込み、お腹が出たりお尻が大きい状態になってしまいます。

また、骨盤の緩みや歪みはそのままにしておくと健康に悪影響を及ぼす可能性がありますが、簡単なエクササイズで正常な位置に戻すことができ、骨盤体操などで緩みや歪みを予防することはダイエットにもなります。

これなら、無理なく産後ダイエットが進める事が出来ますね。

生まれたばかりの赤ちゃんは、抵抗力も弱く、肌もデリケートな上に、内蔵の機能も未成熟な状態なので尿や便の排泄は頻繁で、授乳も2〜3時間おきの為、お母さんは休む暇が少ないと言うのが現実で、生活サイクルは不規則になってしまうのが現状です。

赤ちゃんが眠っている時や、家族が育児に協力してくれる時など少ない余暇を利用して、睡眠をとることが最優先になりますが、お天気の良い日などは軽い外気浴などで少し歩いてみることから始めて、体調の回復と気分転換をしてみるのがよいです。

また、栄養価の高い食事に心がけ、カロリーの摂りすぎには注意しましょう。

赤ちゃんを母乳で育てている方は、水分不足になりがちですので、たっぷり野菜が取れるけんちん汁や豚汁などを食べると良いそうです。

また、この時期は、冷えや骨盤の保護のためにコルセットや腹巻なども利用してご自身の体を保護するよに心がけましょう。

トップページにもどる


引用元 http://sangodi.jugem.jp/

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。